生命保険の基礎知識
死亡保険の種類
生命保険の種類
死亡保険のメリットとデメリット
保険会社の選び方
Q&A

死亡保険という言葉を聞いたことはあるでしょうか。死亡保険とは、生命保険の一種で、被保険者が死亡してしまった場合、高度障害になってしまった場合に保険金が支払われるものになっています。大きく分けると、定期保険、終身保険、養老保険の3つに分けることが出来ます。定期保険というものは、一定期間の保障をするもので、掛け捨ての保険になっています。

死亡率が低いほど保険料が安くなるといった特徴も持っており、一生涯の保障というのには適しておらず、一定期間の掛け捨てというときに向いている保険です。そして、終身保険になりますが、補償は一生涯続くことになり、解約時にお金も払い戻されるので、老後の資金としても活用が可能です。ただし、貯蓄性があるために保険料は高目となっています。

保険金は100%支払われることになりますので、子供や配偶者に対しては、必要なお金を残すことが可能です。それから、養老保険ですが、満期になれば死亡保険金と同じ額を受け取ることが出来る保険です。ただ、予定利率が低いために、貯蓄に関してのメリットはあまりないとされています。こういった種類の保険があるわけですが、どれを選んだらいいのかということについてはあまり分からないことが多いと思います。

かといって、アドバイザーに相談しようとしても、余計なお金がかかったりすることもあるでしょう。せっかく保険をかけて少しでも安心しようとしているのに、それ以上いらないお金はかけたくないですよね。このサイトでは、死亡保険の選択のポイントや、死亡保険の種類の更に詳しい説明、それから、女性の死亡保険について、そして死亡保険に関連する保険の種類の紹介などをしていきます。

死亡保険という言葉にあまり馴染みの無い人でも、気がついたら死亡保険に詳しくなっていればうれしく思います。死亡保険は、自分にとっても、自分以外の家族にとっても、生活を左右するようなとても重要な保険となってきますので、しっかりと勉強をして、後々損をしたということの無いようにしましょう。